ディアシュピールご利用案内マンガ公開しました!

ディアシュピールのご利用について口頭で説明するのがめんど……大変かなと思いましたので、より内容が伝わるようにマンガを描いてもらいました!

作画構成は、「どうせ死ぬなら描いて死ぬ。(KADOKAWA刊)」や「33歳漫画家志望が脳梗塞になった話(ふんわりジャンプ)」など著作を持つ「あやめゴン太」さんです♪

↓みんなでディアシュピろう!↓
http://www.dear-spiele.com/dearspielegomic101/

冊子にして店内にも設置する予定なので、出来上がり次第、こちらもご報告します。

是非、ご覧くださいませ♪


 

ABOUTこの記事をかいた人

世界のボードゲームが1000種類以上遊べるボードゲームカフェ、東中野「DEAR SPIELE」のオーナー。ボードゲームに関することならなんでもおまかせ!……かも? メディアの取材から、開業相談、講演会まで、なんでもご相談ください。