エッセン2日目

10月27日

エッセンも2日目
1日目との違いと言われると大した違いはありませんが、例年だと木曜に比べれば少し客足が落ち着くはずの2日目が1日目にも増して人が多く歩くのも大変な感じになっていました。

ちょっと油断して「開場前ギリギリに会場に着けばいいや」なんて思っていたら、エッセン中央駅は駅のホームに入場規制が敷かれていてえらい時間を取られました。こんなの初めて。。。

本日はアソビcafeのだてさんと約束していて、中古ゲームを漁りに。
とりあえず、レア目でお店でも遊ばれそうなゲームを自分が案内して、そこからだてさん、ヒガさんジャッジで購入をするという流れ……と思いきや

だて「とりあえず、かんちょーの見つけたもの全部買いますわー」

と本当に言われるがまま買い続けるだてさん。あわわ……

正直、初めてエッセンに来た5年前はもちろん、3年前と比べても中古のラインナップは寂しくなっていて、昔ほど「右も左もレアゲーム!」「探し物は大抵手に入る」って状況ではなくなっていて、そこそこ詳しい人がサポートにつかないと目当てのものは見つからない気がします。中古目当てで来られる方もまだ多いかもしれませんが、そういうイベントではなくなって来た感がヒシヒシと。中古店舗も規模縮小してますしね。

それでも宝探し感覚はあるので、楽しくはあります。もう半ば意地です(笑)

そんな状況でも、そこそこ良さげなものを見つけたので、だてさんには相当買わせてしまいましたが、自分もちょっとだけ確保してみました。

ハチエンダ(リオグランデではなくハンス版)とディブルグはお店用に欲しかったのでとりあえず確保。
ディブルグはちょっと高かったのですが、未開封品だったのでまあいいかなと。

あとの3つはなんか見つけてしまったので勢いで買ってしまいました(笑)

ここから一旦ホテルに戻って、準備をして午後はアポとっていた取引先への挨拶回り。
普段メールでのやり取りのみなので、本当に新鮮。どこも快く迎えていただき、サンプルで色々ゲームもいただきました。

いただいたゲームたち。
もちろん全て扱うわけではないと思いますが、確実にお店には置くので是非遊んでやってください。
(その前に和訳しないと……)

こんな感じで2日目も終わっていくのですが、最後に会場の雰囲気をいくつか写真でペタペタと。

ペガサスシュピーレのブースでは、有名なデザイナーのサイン会が多数予定さていました。

もちろん、ペガサスシュピーレで「ラブレター」を出しているアノヒトも!

おなじみヤポンブランドのみなさん。
笑顔をくれない白坂さん。

日本ではホビージャパンさんから発売しているあのゲームのプロモーション。
さながらちんどん屋のごとく練り歩いています。

右も左も本当に多くの人で溢れかえっています。
この景色が日本で見られる日が来ることを切に願います。

2日目は予定も詰まっていたので、思ったほど写真素材も少なく。
もうちょっと動画とかも撮りたかったのですが、なかなか上手く時間がとれませんでした。

3日目は帰国のため会場にはおそらく行きませんので、もしかしたら明日の話も書くかもしれませんが、基本、本日でエッセンレポは以上です。

何回来ても、エッセンの会場は楽しく、また来たいという気持ちにさせてくれます。
実は到着日に旅程上の若干のトラブルがあったのですが、他はトラブルも困ったこともありませんでした。慣れもあるかもしれませんが、とても過ごしやすい良い国です。

ハードルは若干高いかもしれませんが、ボードゲームが好きな方には是非一度足を運んでもらいたいイベント&国なので、また来年、できればこの時期に、ドイツ旅行を検討してみてはいかがでしょうか。

ではでは。

ABOUTこの記事をかいた人

世界のボードゲームが1000種類以上遊べるボードゲームカフェ、東中野「DEAR SPIELE」のオーナー。ボードゲームに関することならなんでもおまかせ!……かも? メディアの取材から、開業相談、講演会まで、なんでもご相談ください。